女性ホルモン増やすなら注射よりサプリが良い|女性的な体になる

女性ホルモンが減ると、体調不良になる

女性ホルモンが減少してしまうと、様々な体調不良が起きてきます。

 

そのため、女性ホルモンを意識的に補充していくことが必要になります。

 

大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。

 

大豆食品を多く摂るようにしたいものです。

 

大豆食品は昔からよく食べられているものです。

 

高タンパクで低カロリーでもあるので、ダイエットにも効果があります。

 

年齢を重ねてくると、だんだん無理が効かなくなってきます。

 

女性ホルモンを補充することで、体直や免疫力を回復させることができます。

 

また、身体の冷えも女性ホルモンと大きな関係があります。

 

体がむくんでしまうのは、血流が悪くなっていたり、リンパが滞ってしまっていたりします。

 

女性の方が男性よりも一般的に筋肉量が少なく、脂肪が多いことも、女性の方が冷えやすい原因とも言われています。

 

また、男性よりも身体を動かす機会が少ない女性も多く、それも体が冷える原因になってしまいます。

 

食材の中には男性ホルモンを補充する効果のあるものがあります。

 

女性もこういった食材を摂ることで、さらに健康を維持していくことができます。

 

玉ねぎや長芋などは男性ホルモンに良い効果があるといわれています。

 

男性だけではなく、女性も積極的に摂るようにしたいものです。

 


女性ホルモンについて30代を越えてから考えるようになりました。

 

私は30代の女性ですが、10代、20代では考えない女性ホルモンのことにだんだんと考えが向くようになりました。

 

一つはストレスに、一つは加齢にと年を追うごとに体の変化を感じ、女性ホルモンのバラつきも気になりだした事にもあります。

 

若い頃に比べ月経も軽くなり、それにともない女性らしさを失ってきたと言うことはないのですが、どうも精神的にイライラを覚えたり、カリカリしたりと昔では考えられない性格の変化が現れるようになりました。

 

よくよく考えれば更年期を考えねばならない年に差し掛かったのかも、と思ったのがその症状が更年期の症状に被るものが多いと感じたからです。

 

更年期と言うと30代だと早い気もしますが、私は後半で40手前です。

 

そしてストレスや環境で早くに迎えてしまう人もいるらしく、私はそれなのかと自己判断ながら考えてしまいました。

 

ホルモンのバランスは体だけでなく自然と精神にも影響を及ぼします。

 

それが分かっているなら直したいと思うのが人間と言うもので、はじめは取り入れやすいイソフラボンからと大豆由来の食品から、それからサプリなどを取り入れました。

 

これなら簡単と言うところから始めるのは自分なりに自分が飽き性でめんどくさがりだと自認しているからで、手軽なものから始めました。

 

結果は穏やかではありますが、前向きな方向に向いてはいるかな。

 

起こる前にちょっと考える余裕が出来ました。

 

前は自分でも嫌になるヒステリック。

 

更年期と分かっていたとしても女のヒステリーは周囲には迷惑ですよね。

 

それに耐えさせてしまった家族や周囲には申し訳ないことをしました。

 

体の不必要な火照りのようなものも治まって、自分でも少し穏やかになれた気がします。

 

これが単にフラシーボなのか食事変化、サプリの効果なのかまだはじめて数ヶ月ですからはっきりとは言えませんが、気休めでも穏やかに慣れるなら、そしていつかは置いて更年期は避けれないならば、今から対処して少しでも穏やかに越えて生きたいと今はつづけたい気持ちでいます。

 

あら、私もかしら?と思われる30代も半ばを過ぎた上の方は一度考えて見られてもよいと思います。

 

どうでしょうか、怒りやすいと思われたら試してみるのも心平穏な毎日へ繋がる切欠、チャンスかもしれません。

 

女性ホルモンはいつもバランスよくあってくれるとは限りません。

 

それを意識して意識的に整える、という考えも持つのは良いことかもしれないな、と最近の自分は考えるようになりました。
関連:ノイスの口コミ

 

女性ホルモンのいろいろなお話

 

今回は女性ホルモンのついてお話をしたいと思います。

 

女性ホルモンとは女性に大きく影響を与えるホルモンで雌性ホルモンとも言われます。

 

女性ホルモンには黄体ホルモンのゲスターゲンと卵胞ホルモンのエストロゲンの2種類です。

 

この女性ホルモンが何かの原因で分泌されなくなったりしますと、女性は体にいろんな不調が出てきます。

 

その不調には生理不順、不妊、PMS、無月経等の生殖機能が低下してしまったり、お肌の調子が悪くなって吹き出物が出来たり体のむくみや脂質の代謝が衰えてしまい太りやすくなったり不眠になったり、脳梗塞、心臓病、動脈硬化、高血圧等の血管から来る書状の異常などが出やすくなります。

 

ですので女性ホルモンが乱れたり低下したりした場合には、放置しとくのではなく女性ホルモンを補うサプリメント等が薬局などにも置いてますし、サプリメントでは心配でしたら病院に行きまして診察を受けて治療薬等を貰い治療をしたら良いと思います。

 

正常の女性ホルモンの働きに戻す事が出来ましたら、再発しないように不規則な生活などを止めたりすると良いと思います。

 

最後に女性にとって女性ホルモンはとても大事なものですのでしっかり管理をして健康に毎日を過ごすと良いと思います。

 

更新履歴