女性ホルモンの減少への対応

女性ホルモンを増やすサプリ > 女性ホルモンの減少への対応

女性ホルモンの減少への対応

女性をメリハリのある体形にし、ツヤのある髪やハリのある肌にしているのが「エストロゲン」と言う女性ホルモンの働きです。

 

しかしながらその分泌量は40代になると徐々に減り始めますので、その結果として肉体的、精神的に様々な影響を及ぼしてしまいます。

 

その特徴的なものが、顔のほてり、手足の冷え、そして倦怠感などであり、所謂更年期障害の症状と言われるものです。

 

また、エストロゲンには、血管の柔軟性を保つ作用、骨を丈夫にする作用、内臓脂肪の増加を抑える作用などもありますので、その分泌量の減少は、動脈硬化、骨や関節関係の不具合、そして中性脂肪の増加など、健康面での影響も出てきます。

 

こうした事から、減り始めた女性ホルモンを補うために、サプリメントを使用する女性が少なくありません。

 

その代表的なものが、エストロゲンの働きに似た成分である「大豆イソフラボン」や「レッドクローバー」などですが、それらと共に愛用者が増えているのが「プラセンタ」です。

 

これは、哺乳類の胎盤から抽出される栄養成分ですが、ホルモンのバランスを整えるだけでなく、疲労回復や肌の若さを保つ効果も期待出来るとのことから愛用者が多くなっています。

 

但しこれらはあくまでもサプリメントですので、更年期障害の症状が重かったり、健康面での影響が大きい場合にはやはり医療機関を訪れ、医師の指示を得るこが大事です。

 

2種類の女性ホルモン

 

よく「女性ホルモンを増やして美肌に」と言ったうたい文句を目にしますが、女性ホルモンには2種類あるのですよ。

 

その2つはエストロゲンとプロゲステロンといい、どちらも卵巣から作られます。

 

エストロゲンは女性らしさを作ってくれるホルモンで、生理周期の前半である低温期に分泌されます。

 

皆さんがイメージされるいわゆる女性ホルモンはこのエストロゲンです。

 

自律神経を整えたり、骨粗しょう症の予防になるホルモンとされています。

 

また、このエストロゲンが多く分泌される低温期は美肌作りやダイエットに効果的です。

 

エストロゲンに似た作用をする栄養素として近年注目されているのが大豆イソフラボンです。

 

豆腐、納豆、豆乳といった大豆製品に豊富に含まれています。

 

エストロゲンが不足している女性にはイソフラボンのサプリメントもおすすめです。

 

ただし、過剰な摂取は本来のエストロゲンの分泌を妨げる恐れもあるので注意してくださいね。

 

対してプロゲステロンは、妊娠を促すホルモンです。

 

生理周期後半の高温期に分泌されます。

 

生理前のだるさやむくみ、便秘、イライラなどの不快な症状はこのプロゲステロンが多量に分泌されるためです。

 

ひどい場合はPMSになったりしますが、受精卵の着床や妊娠継続には不可欠の女性ホルモンです。

 

この2つのホルモンがきちんと正常に分泌されることで、女性は生理が起きたり、排卵し、妊娠や出産が可能となるのです。